KKStreamが選ばれる理由

弊社のソリューションを利用した成功事例をご紹介します。

26.10.2021

2021 アジア太平洋地域にお けるエンタープライ ズ・ストリーミン アプリケーションの事例と 開発動向

KKStreamの2020 - 2021年の調査によると、企業は外部コミュニケーションをストリーミングソリューションに切り替えることで、イベントコストを平均43%削減することができ、最も効果的なアプリケーションは、顧客関係や販売チャネル関係(CR)であることがわかりました。 また、KKStreamは、企業がブランドイメージやビジネスパフォーマンスを高めるためにオーディオビジュアルストリーミングを利用する主な用途として、IR(Investor Relations)、CR(Customer and Sales Channel Relations)、PR(Public Relations)の3つを挙げています。