2021 アジア太平洋地域にお けるエンタープライ ズ・ストリーミン アプリケーションの事例と 開発動向

2021.10.26

KKStreamの2020 - 2021年の調査によると、企業は外部コミュニケーションをストリーミングソリューションに切り替えることで、イベントコストを平均43%削減することができ、最も効果的なアプリケーションは、顧客関係や販売チャネル関係(CR)であることがわかりました。 また、KKStreamは、企業がブランドイメージやビジネスパフォーマンスを高めるためにオーディオビジュアルストリーミングを利用する主な用途として、IR(Investor Relations)、CR(Customer and Sales Channel Relations)、PR(Public Relations)の3つを挙げています。

このアジア太平洋地域のストリーミング業界のインサイトレポートをお読みになると、以下のことがわかります。

  • ・企業がストリーミングに注目すべき理由
  • ・アジア太平洋市場におけるストリーミングの動向
  • ・ 複数の産業におけるストリーミングアプリケーション
  • ・ 企業で最も好まれるストリーミング・アプリケーション4選
  • ・ 3大エンタープライズ・ストリーミング・アプリケーションの事例分析
  • ・企業が対外的なコミュニケーションにストリーミング技術を利用する5つの理由

 

このレポートは、次のような方に適しています。

  • ・ビジネスマネージャー
  • ・デジタルトランスフォーメーション
  • ・プロダクトマネージャー ・ブランドPR
  • ・マーケティングマネージャー
  • ・営業およびビジネス開発マネージャー

 

詳細につきましては、ページ左側にある「報告書のダウンロード」ボタンをクリックすると、詳細なインサイト分析がご覧いただけます。

その他のコンテンツ

事例の紹介

もっと見る