KKStreamが選ばれる理由

弊社のソリューションを利用した成功事例をご紹介します。

20.04.2022

【今注目のライブ配信とは?】オンライン教育を始める時に知っておきたい3つのポイント

日本では、ライブ配信を含めたオンライン教育市場が年々成長しており、2021年度のB2C向けe-ラーニング売上高は約2,175億円と10年前に比べ2倍以上の規模になる見込みです。そこで今回は、今の流れに乗り遅れないためのオンライン教育の基礎知識、主な2つの配信方法、そしてライブ配信サービスとオンライン会議ツールとの違い、という3つのポイントを、動画配信サービス専門家の観点からまとめてお伝えします!

29.03.2022

プロ級のハイブリッドやオンラインイベントをライブ配信する方法

新型コロナウィルスの甚大な影響で、教会の説教、見本市、展覧会やイベント、コンサートでさえオンラインで開催されるようになりました。その結果、ライブ配信の技術に大幅な進展が見られ、様々なイベントにおいて中心的な役割を果たしています。ただ、未だに多くの事業経営者やマーケティング担当者でさえ、ライブ配信の専門的な部分の理解にストレスを感じているようです。ライブ配信がどのような仕組みで行われているか十分認知されていないのです。当然ながら、iPhoneに4K動画をライブ配信するためには、色々なプロセスでの処理が裏で行われています。とはいえ、適切な指導を受ければ習熟することも可能です。まずはそもそもの話から始めましょう。

21.03.2022

KKStream OTTソリューションで、ホームフィットネスがさらに進化

FEELCYCLEを提供するFEEL CONNECTIONはKKStreamと提携し、暗闇フィットネスの美学を新たな事業へと発展させました。FEEL CONNECTIONは、KKStreamのストリーミングサービスとともに、新サービス「FEEL ANYWHERE」を開始し、ライブとオンディマンド配信技術を使った没入型フィットネスレッスンの受講を自宅で可能にしました。

11.03.2022

利益を出す上で、OTTサービスが求められる9つの理由

人々が訪れるところにビジネスチャンスが生まれるものです。ひと昔前の業界では、動画の配信サービスは大手メディアやエンターテイメント業界が占めていました。しかし、今日の様々な産業においては (フィットネス、教育、エンターテイメント等)、自社のOTTサービスを立ち上げれば、事業の成長を見込めるのです。自社ブランドが確立されたOTTウェブサービスやアプリを提供している企業の場合、かなりの投資利益や、事業成長の見込みが極めて高いユーザ基盤の獲得を狙うこともできるでしょう。

04.03.2022

収益化につながるオンラインフィットネスクラスを構築するためのヒント

ご存知のように、フィットネス産業は活況を極めています。健康やウェルネスに熱心な人々の多くがオンラインクラスに切り替える中、業界はオンラインのレッスンやリモートのトレーニング等のオプションを提供し、時代の変化の波や外出規制に対応しています。経営者、フィットネス・インストラクター、フィットネス業界で決定権を持つ人間であれば、今こそストリーミング配信の世界に参入し、フィットネス動画を配信し、日頃の運動習慣も兼ねて、収入を増やすチャンスです。

16.02.2022

2022年に是非おさえておきたい動画配信技術トレンドTOP10

ここ数年にわたり、動画配信の産業はめざましい成長を遂げ、未だ消費の勢いは衰えていません。そのテクノロジーは全世界をつなげ、ストリーミング配信の体験をより親しみやすいものにし、視聴者はダウンロードしなくても、世界のどこからでも高品質なコンテンツを楽しめるようになりました。革新的なVRや5G、マルチビュー、超解像度画像や低遅延ネットワーク等の開発により、これまでにない充実したコンテンツ体験が可能になったのです。では、2022年の注目すべきトップ10のトレンドについて見ていきましょう。

15.02.2022

【動画配信のプロ直伝】 5分でわかるDRMの基本とDRMを活用すべき動画のポイント

近年のストリーミングサービスの発達、またコロナによるオンライン化で、企業の決算説明会・ライブコンサート・e-Learning・セミナーなどあらゆる面で動画配信が行われるようになりました。しかし動画配信の普及に伴い、違法コピーやYouTubeへの無断転載などの被害が増えています。それを防ぐのがDRMです。

25.01.2022

【ライブ配信前に必見】プロが教える怖いリスクと強化すべき2つの対策

コロナが流行して以降、現場イベントのgmailライブ配信の活用が進んでいます。ですが皆さんはライブ配信のメリットだけでなくリスクもしっかり把握できてますか? ライブ配信は現場の臨場感やコミュニケーション機能に優れ、今や企業から一般人まで幅広く、セミナーや販促、プロモーションイベントなどで活用されています。ですが利用者が多くなるにつれて、思いがけないリスクが発生する可能性も高まります。